Now Loading...

Loading...

診療内容

多焦点眼内レンズMultifocal intraocular lens



白内障と老眼を同時に治療。
厚生労働省から「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術)」に関する先進医療を実施している医療機関として2017年12月に認定されました。

多少点眼内レンズ

多焦点眼内レンズとは

白内障によって濁った水晶体の代わりに挿入する眼内レンズは、今までは単焦点眼内レンズのみでした。単焦点眼内レンズは、ある1点にピント(焦点)が合うレンズです。そのため、遠くをくっきりと見えるようにした場合、手元を見る時には近用眼鏡(いわゆる老眼鏡)が必要となります。また近くをくっきりと見えるようにした場合には、遠同眼鏡が必要です。 多焦点眼内レンズは従来の単焦点眼内レンズとは異なり、遠距離・中間距離・近距離など複数の位置にピントが合います。したがって遠くの景色にも手元の文字にもピントを合わせることができます。


多焦点眼内レンズ 単焦点内レンズ
長所 ● 眼鏡に頼らず、遠方と近方が見える
● 仮に眼鏡が必要になったとしても1本で済む
● 適宣眼鏡を用いることでとても鮮明に見える
短所 ● やや見え方が不鮮明に感じることがある
● 夜間のライトがにじんで見えることがある
● 裸眼では遠方か近方のいずれかが見えにくくなる
適した人 ● 見え方の質はやや劣っても構わないので、なるべく眼鏡に頼りたくない方
● 仕事や趣味、スポーツで、遠くも近くも眼鏡なしで見たい方
● 手術前に眼鏡を用いた経験のない方
● 眼鏡をかけても構わないので、より鮮明な視力を求める方


上田眼科は「先進医療施設」に認定されていますので、患者さんの負担が軽くなります

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は自由診療のため、健康保険は適用されず全額自費負担となります。当院は「厚生労働省認定先進医療実施施設」ですので、手術費用以外に関しては健康保険が適用されます。
※「先進医療実施施設」以外でこの手術を受ける場合は、手術費用および手術前後の診察費用は全て自費負担となります。

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術費用について

多焦点眼内レンズの手術自体の費用は片眼34万円/両眼68万円です。
術前、術後の診察や薬の費用には健康保険がききます。

民間医療保険未加入の方 先進医療特約付の民間医療保険ご加入の方(例)
手術費用
(片眼)
34万円 手術費用
(片眼)
34万円
手術費用
(両眼)
68万円 手術費用
(両眼)
68万円
保険会社からの
給付金
保険会社からの
給付金
(全額給付)
34万円-68万円
自己負担額 34万円 または 68万円 自己負担額 (実質)0円
診療料・薬代等 1割、3割負担 診療料・薬代等 1割、3割負担

医療保険に加入されている場合は、先進医療に係る費用が全額給付になることもあります

民間の医療保険には、先進医療に係る費用を保障の対象にした特約やプランがあり、加入されている方は、先進医療に係る費用が全額給付されることがあります。詳しくは、ご加入の保険会社にご確認ください。